患者さまに知っていただきたいこと

患者さまに知っていただきたいこと

かつて常識と思われていた歯科治療のあり方も、最近の研究や最新技術により、大きく覆されています。
当院では、患者さまの健康を末永く守るうえでぜひ知っていただきたいことをお伝えしています。

歯を守ることは人生を守ります

歯は食べるだけでなく、日常的にさまざまな役割をもっています。

歯の役目

よく噛んで食事を楽しむ 健康な歯がないと、食材を充分に噛み砕いて栄養を吸収できないだけでなく、 食感や風味を味わうことも楽しめません。
発音・会話を行なう 自由に言葉を話して、人とスムーズにコミュニケーションをとるためにも歯は欠かせません。
一部の歯が抜けただけでも発音が不明瞭になります。
表情を豊かにする 魅力的な顔立ちは健康な歯並びがないと実現しません。
日々の咀嚼によって口周りの筋力が鍛えられ、豊かな表情を生み出します。
力を入れる・瞬発力を発揮する 奥歯を食いしばることができないと、全身に力を入れられません。
健康を維持する・全身のバランスをとる 正しい噛み合わせによって、全身の左右のバランスが取れます。
偏っていると全身に歪みが生じ、腰痛などの体調不良につながります。
この通り、食べる、しゃべる、表情でコミュニケーションを図る、体に力を入れる、健康を維持する、など人間らしい活動においては、多岐にわたって歯がその役割を担っていることがわかります。
また、歯が1本なくなった状態で放置すれば、その周囲の歯肉や骨が痩せていき、
やがて隣接する歯の土台が歪み、歯が抜けやすくなります。そして将来的に次々と自分の歯を失っていくのです。
歯を守ることは人生を守ること、というのがどのようなことかおわかりいただけたかと思います。

削れば削るほど歯はもろくなります

削れば削るほど歯はもろくなります

人間の組織には元々、自然治癒力=自己再生力があります。これは歯も同じです。

初期虫歯が発症していても、きちんと歯磨きを徹底していれば、唾液と歯の再石灰化の働きにより気づかないうちに治癒しています。

歯の表面を覆っているエナメル質は最も硬く丈夫な部位ですが、虫歯治療などで一度削るとエナメル質の内側の柔らかい部分が露出し、より虫歯になりやすい状態になってしまいます。

一方で、自然治癒力を持つ天然歯と異なり、銀歯やセラミックなどの詰め物・被せ物=人工物には経年劣化が起こります。そのためどんなにぴったりと詰め物や被せ物を装着しても、材質が劣化するなどによって数年~数十年で自分の歯との境目にすき間ができたりします。そのすき間からまた虫歯が発生しやすくなります。

さらに保険診療で歯を削って詰め物や被せ物をする場合、型取りなどの都合から、少し大きめに患部周辺を削る場合があります。

その結果、最初の虫歯を削る → 虫歯にかかりやすくなり虫歯が再発する → またさらに大きく削る → また虫歯になる…、と治療を繰り返すことになり、歯の寿命がどんどん縮んでいくのです。

特に歯の神経を抜く治療をしてしまうと、歯の寿命は一気に縮んでしまいます。

ですから、生涯にわたって長く健康な歯を残すためには、治療で削りすぎないこと、なるべく神経を抜かないで治療を行なうことが重要なのです。

もちろん、最初に虫歯にならないよう、虫歯予防を徹底することが最も大切なのは言うまでもありません。

全身疾患への影響

全身疾患への影響

虫歯や歯周病などにより、歯の神経や歯の根を支える歯周組織が炎症を起こすことで、細菌の生み出す物質や細菌そのものが血管を通じて全身の各器官に広がり、やがて口から遠くはなれた部位で病気を起こすことが近年明らかになりました。

このように虫歯や歯周病を原因としながら、全身に感染する病気のことを、歯性病巣感染といいます。

歯周病以外には、根管治療が不充分だったり、重度の虫歯を放置したりすることなどでも起こります。

歯周病や虫歯が全身に及ぼす影響

  • 動脈硬化などの血管系の病気
  • 肺炎などの呼吸器疾患
  • 関節リウマチ
  • 心臓の病気
  • 早期低体重児出産
  • 糖尿病 など

お口の中のトラブルがやがて慢性的な全身疾患にまで及ぶケースもあるため、
患者さまの全身の健康をお守りするためにも、ぜひお早めにご来院いただければ幸いです。

虫歯の原因

虫歯の発生は、生まれもった体質、すなわち「歯の丈夫さ」「口内の酸性度の強さ」「唾液の量」などの要因がありますが、
日常生活という後天的な要因も大きく影響します。

虫歯の原因

砂糖 砂糖を含む食事を一切やめただけで虫歯が自然治癒したというケースは多数報告されています。
砂糖は虫歯の原因になるだけでなく、代謝を悪くするなど全身にさまざまな悪影響を及ぼすと考えられます。
ストレス ストレスは万病のもとともいわれますが、ストレスを感じることで口内のpHバランスが乱れ、
唾液量が減り虫歯を誘発しやすくなります。
運動不足 運動不足による血行不良で歯肉を通る血管の血流も悪くなります。
歯肉が衰え、栄養が歯に行きわたらず、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。
睡眠不足 運動不足と同じように健康な血液を充分に歯に送ることができなくなり、口内の唾液量も減少させてしまいます。
微小栄養素不足 偏食による栄養の偏りでβカロテンなどのビタミンや微量ミネラルが不足します。
微小栄養素は歯のリンパ液を通じて放出されますが、不足することで歯の再石灰化が阻害されてしまいます。
薬物の服用 服薬による副作用(唾液が減る=口喝)などで虫歯になりやすい口内環境となります。
食事直後の歯磨き 食事直後は口内が酸性に傾いているため、30分ほどおいて中性に戻す必要があります。
再石灰化してから歯磨きをするようにしましょう。

なかの歯科クリニックが行なう、歯の自然治癒力を生かした治療

なかの歯科クリニックが行なう、歯の自然治癒力を生かした治療

かつて、虫歯も歯周病も治療をしないと治らないと考えられていましたが、最近になって自然治癒が可能だということがわかってきました。

もし「虫歯の自然治癒力」があるなら、それを利用したいと思いませんか?

だとすれば、まずは「削らない」ことです。削ってしまった歯は元に戻りません。

削らないことと並行して「虫歯の自然治癒」が起こる条件をお口の中に作る必要があります。

具体的には、上述の虫歯の原因を取り除いた生活を心がけることです。

それを患者さまご自身で行なうことで、虫歯の進行は止まり、再石灰化が進み、歯は治癒していきます。

削ることでさらに大きな虫歯を誘発してしまうという悪循環から脱することができるのです。

患者さまの生涯にわたる健康をお守りするために、削らない、自然治癒を目指した歯科医院が増えていくことを祈っています。

当院のレーザー治療とドックベストセメント治療

当院のレーザー治療とドックベストセメント治療

当院では多くの虫歯を、レーザー治療とドックベストセメント治療を用い、麻酔を使うことなく、削らないで治療しています。これは今までの常識を覆す治療法です。

保険診療で削れば削るほど健康な歯の部分は少なくなりますが、削らずに治療をすることで、歯の寿命を伸ばすことが可能です。

痛くない麻酔をしない虫歯治療・歯周病治療 プラズマレーザー『ストリーク』の特徴

熱エネルギーによって虫歯治療や歯周病治療、歯の強化など幅広い歯科治療を実現します。

プラズマの熱エネルギーには、神経の感覚を一時的に麻痺させる働きがあります。

そのため麻酔をせずとも痛みを感じることなく治療を行なうことができます。

  1. 歯をほとんど削らず虫歯を除去できる
  2. 痛みの出てきている歯の神経を残せる可能性が高い(保険診療では神経を取る処置となります)
  3. 治療が速い(1~2回と虫歯や歯周病の治療も日数がかかりません)
  4. 歯周病治療に高い効果(麻酔なく重度の歯周病まで対応できます)
  5. 歯の質を強化し耐酸性の歯に生まれ変わらせることができる(平成元年にすでに論文で発表されています)
  6. 詰め物や被せ物の虫歯の再発を防ぐ(2次カリエス防止という今までにできなかった方法を使えます)
  7. 矯正治療前や治療中にも効果的(矯正をしたけど虫歯多発!!を防止できる可能性を高めます)
  8. 知覚過敏に効果的(歯質強化により根本から知覚過敏を治療します)
  9. 体質的に麻酔ができない人も可能(麻酔のアレルギー体質の方に朗報です!)
  10. 根の病気の治療にも有効(根の先を切り取る手術をしたくない方にお勧めです)
  11. 健康な組織への影響が最小限(組織が高温で焦げたり(炭化)しません)
  12. 治療後の治りが早い(治癒促進が可能です)
  13. 患者さまに優しい治療です(麻酔なしで、神経を残せることはすばらしいことです)
  14. 多くの大学や研究機関の研究結果から、その効果が実証されています