なかの歯科クリニックの予防歯科

TEL:06-6606-2500

ドックベストセメント充填治療

ドックベストセメント充填治療

ドックベストセメントとは

ドックベストセメント

ドックベストセメント治療とは
現在の虫歯治療は、多くの場合、虫歯はもちろん健康な歯も削って治療をしています。
それは詰め物を入れたり、かぶせて治したりするために、必要だからそのような治療になっているのです。しかし、削った歯は元にはもどせません。
削った部分が多ければ多いほど歯が弱くなっていきます。

ドックベストセメント治療では、なるべく歯を削りません。全く削らないで治すことも多いです。

虫歯を削って治すのではなく、『鉄』と『銅』を主成分にした半永久的な殺菌力を持ち、『ミネラル』も含んだ『ドックベストセメント』を虫歯にしみこませます。その結果、その虫歯は殺菌され、徐々に再石灰化という現象により、カチンコチンに硬くなって治癒していきます。 殺菌され、再石灰化した虫歯部分は無害で固い歯に戻ります。その結果、削らなくてすむ治療が出来るわけです。

ドックベストセメントによる殺菌成分は?

ドックベストセメント

成分に銅、亜鉛、リン、鉄、などが含まれ、銅が殺菌作用の主をなし、他のミネラルは虫歯で感染した歯の再生に使われます。

銅は、殺菌法のひとつとして幅広く用いられ、微量でも殺菌力が強いことが知られています。触媒によりイオン化した銅は細菌の細胞壁に吸着浸透し、細菌の生命活動を阻害し死滅させる働きがあります。

FeイオンとCuイオンのコンビネーションによる殺菌作用FeイオンとCuイオンの電位差がバイオフィルム(虫歯菌がつくる歯を溶かす膜)の生成を阻止します。抗生剤などの薬剤ではなく、ミネラル成分による虫歯菌の殺菌作用により虫歯を治します。

ドックベストセメントの魅力

1.ドックベストセメント治療は、あまり痛くない

一般的な虫歯治療と違い、ドックベストセメント治療は必要以上に歯を削らないで済みます。
このため、患者さんが痛みを感じないことがほとんどです。また、そのため麻酔注射も必要ない場合もあります。

2.ドックベストセメント治療は、歯の神経を残せる可能性が高い

虫歯を全て取りきる必要はありません。ドックベストセメント治療は、ドックベストセメントの鉄(Fe)イオンと銅(Cu)イオンのコンビネーションによる殺菌力で患部を殺菌することにより、神経を残せる可能性が高くなります。

3.ドックベストセメントは硬く固まります

ドックベストセメントは、元々歯科用の接着剤(セメント)なので硬く固まり、流れてしまうことがありません。
ドックベストセメントの起源は100年以上前になります。元々歯科用の接着剤(セメント)として使われていました。

4.ドックベストセメント治療は殺菌力がずっと続きます

ドックベストセメントは、ドックベストセメントの鉄(Fe)イオンと銅(Cu)イオンのコンビネーションによる殺菌力は、半永久的に持続します。

5.ドックベストセメント治療の材料は天然ミネラル

ドックベストセメントは、身体の中にもあるミネラル成分で構成されています。また、銅やリン酸、亜鉛など、天然ミネラルを主成分にしているため、副作用などの危険はありませんので、妊娠中の使用も可能です。

6.ドックベストセメント治療は治療回数が少ない

ドックベストセメントは、光での殺菌力の劣化はありませんし、神経を取らずに治療ができる可能性が高いので、治療回数を少なくできる場合が多いです。神経を取った場合は 、6回ほどかかります。
※通常2~3回

7.ドックベストセメント治療は、象牙質を再生させる可能性がある

ドックベストセメント治療は、虫歯菌に侵されている歯の内部の象牙質をドックベストセメントの、ミネラルを補給する事によって、それらの象牙質の再石灰化を促します。

8.お薬ではないので、アレルギーのある方にも使用可能です。

※抗生物質などとは違い、人間の血液中にも含まれる銅イオンを主成分とした、様々なミネラルから造られた安全で人体に優しいお薬です。
※アレルギー検査では、歯科で用いられるセメント等の薬剤の中でもっともアレルギーが無いというデータが出されています。

虫歯の部位、量や状態によって治療できる場合と出来ない場合があります。
・痛みなし → ドックベストセメント治療が可能な場合が多いです。(神経が死んでいる場合を除く)
・冷たいものがしみる → ドックベストセメント治療が可能な場合が多いです。
・熱い物で痛い → ドックベストセメント療法は出来ません。
・何もしなくても痛い → ドックベストセメント療法は出来ません。

治療後は、新たな虫歯を防ぐほどの殺菌力はありませんので、予防を行う事をお勧めいたします。

ドックベストセメントの治療

初期から少し進んだ虫歯

ドックベストセメント

通常、虫歯の部分をすべて取るため虫歯部分より少し大きく歯を削ります。ドックベストセメントでは、虫歯の部分をほとんど削り取る必要性はありません。大切な歯を、ほとんど削らないで治療することができます。また、歯をほとんど削らないので、神経に影響する事が少ないく、治療後に歯がしみにくいというメリットがあります。


神経まで達する深い虫歯の場合

通常の治療では
歯の中にある神経をすべて取って、取った後の部分に神経の代わりになるゴムの詰め物をします。


ドックベストセメント

ドックベストセメントでは
むし歯菌の感染部分を全部取ってしまうと神経が出てしまいますので、神経まで達しているむし歯の部分を除去しないで、お薬を詰めます。

お薬のミネラルは虫歯菌を殺菌する成分を半永久的に出し続けます。
様々なミネラルが虫歯菌の酸によって軟らかく溶けかかった歯質を硬くしてくれます。つまり、ただ虫歯が治るだけではなく、虫歯を健康な歯へと戻してくれるのです。

歯の中にむし歯菌があった箇所が残りますが、むし歯菌はドックベストセメントで殺菌されているので、進行する事はありません。

殺菌と歯質が硬くなる変化は1年ほどかけて行われます。
1年以内に歯の神経の症状がでなければ、ドックベストセメントの殺菌力とミネラルの勝ちです。
ドックベストセメント療法は成功です。