審美歯科

審美歯科とは

審美歯科とは、虫歯や歯周病の治療など一般歯科で行なっている治療に「美」と「機能」という視点をプラスした、
総合的な歯科治療のことをいいます。この治療により、歯並びを綺麗にしたり、歯や歯肉の色を改善したりするなど、健康的で美しい口元を作ることができます。

コミュニケーションが必要不可欠な社会生活において、美しい口元や素敵な笑顔は重要なポイントとなります。

審美歯科治療によって美しさを手に入れ、自信を持つことによって、人生がより豊かになり、可能性が広がるといっても過言ではありません。しかし、大切なのは見た目の美しさだけを求めてはいけないということです。

「美しく見える」ことはもちろん、「満足に噛める」「きちんと話せる」という機能を追求することにより、口のだけではなく心身の健康が増進されます。その美しく健康である状態を長く保持することが大切なのです。

削らないラミネートベニア

削らないラミネートベニア

従来のラミネートベニアは、前歯の表面を削り、セラミック製の付け爪のようなものを接着する方法をとっていました。ラミネートベニアの技術は近年になって飛躍的に向上し、歯をより白くできるだけでなく、色がもとに戻らない、歯の形態を短期間で修正する、といったメリットが見込まれるため審美歯科の主流となっています。しかし当院のラミネートベニアではほとんど歯を削ることなく、変色した歯の色、歯並び、歯の形態などを改善する治療を行なっています。見た目の美しさや安全性はもちろん、歯の耐久性にも配慮しております。

ホワイトニング

ホワイトニング

お茶やコーヒーの飲食や喫煙の習慣、加齢などで歯についた着色汚れを、削らずに白くする治療のことを「ホワイトニング」といいます。「ブリーチ」といわれることもあります。

以前までは、歯を削って覆い隠す方法が一般的でしたが、この方法は歯に大きな負担をかけてしまいます。

最近では、歯の表面に白くする薬剤を塗布することにより、エナメル質という部分に入り込んだ着色物質を分解して白くする方法が一般的です。

薬剤の主成分である過酸化水素や過酸化尿素は、米国食品医薬品局(FDA)でも安全が保障されています。

着色汚れや黄ばみが気になり、歯を見せて思いきり笑うことができないという悩みをお持ちの方も、ホワイトニングをすることによって悩みを解消できます。

ホワイトニングには、歯科医院などで行なうオフィスホワイトニングと、自宅で自ら行なうホームホワイトニングの2種類があります。

オフィスホワイトニング

歯の表面に薬剤を塗布し、可視光線を当てて歯の色素を分解していきます。

即効性が高く、施術したその日から白さを実感することができます。

当院のオフィスホワイトニングには、しみない、つやがでる、といった特徴があります。

ホームホワイトニング

自分の歯の型に合わせたマウスピースを作成し、そこに薬剤を入れて装着します。

オフィスホワイトニングとは異なり、低濃度のホワイトニング剤を使用するので、一気に歯を白くすることはできませんが、自宅で好きなときに行なうことができるというメリットがあります。