一般歯科

一般歯科とは

虫歯治療や歯周病、義歯の作製など、歯科医院に通院したときに受ける通常の治療のことを一般歯科といいます。

近年、小児歯科、矯正歯科、口腔外科など専門的な標榜が浸透しており、これらと区別する意味で用いられます。

一般歯科の治療の多くが保険の範囲内で行なわれることから、保険診療=一般歯科という考え方もあります。

ただし、保険制度の制約などがあり、同じ治療法でも使用する材料などの違いによって、
保険診療ではなくなるケースもあります。

虫歯

虫歯

虫歯とは、口の中にいる細菌が糖から酸を産生し、その酸によって歯質が溶かされる病気のことです。

歯の表面にあるエナメル質の部分が白くなる程度の虫歯なら、フッ素塗布や歯磨きなどで回復することもありますが、象牙質まで進行し、見た目が黒くなった虫歯は自然治癒しません。

虫歯が神経まで進むと、神経の治療をするので治るまで時間がかかります。また、神経を取った歯はもろくなってしまいます。

歯がズキズキ痛む場合は虫歯が神経まで達している場合が多いので、早いうちに治療しましょう。

痛くなくても、半年に1度は歯科医院で定期検診を受けると、自分では気づかない小さな虫歯を早期に発見できて、簡単に治すことができます。

虫歯の進行

CO

要観察歯(CO)

「要観察の虫歯」と言われるごく初期の虫歯で、エナメル質の表面に、白斑・白濁がある状態です。
治療せずに丁寧なブラッシングや砂糖の摂取の制限などを行なうことで再石灰化による自然治癒が期待できます。
フッ素塗布が有効です。

C1

エナメル質の虫歯(C1)

虫歯が歯の表面のエナメル質を溶かし始めている状態です。小さな穴や茶色の変色が認められる状態です。
歯の噛み合わせの溝の部分や歯と歯の間に起こりやすく、この時点では痛みは感じられません。
1~2回の簡単な処置で治すことができます。

C2

象牙質の虫歯(C2)

虫歯がエナメル質の奥の象牙質まで進んだ状態で、冷たいものや熱いものがしみる場合があります。
しみる症状がない場合は、1~2回の簡単な治療で治すことができます。
しみる症状がある場合は、神経を取る処置になることもあります。

C3

歯髄炎(C3)

虫歯が神経まで達し、歯の神経(歯髄)に炎症が起きている状態で、激痛を伴う場合が多く見られます。
細菌に感染した歯の神経を取り、最終的に金属などを被せる治療を行なうため、
完治するまで5~6回の治療が必要となります。
あまりにも状態が悪い場合は、改善するまでにそれ以上かかることもあります。

C4

歯根の虫歯(C4)

歯の上の部分が崩壊し歯根だけが残った状態で、根の先に膿の袋ができることがあります。
その場合、噛んだときに痛みを感じたり、歯肉が腫れたりします。
ここまで虫歯が進むと、歯を残すことができないほど悪い状態です。
歯の保存が難しいため、歯を抜く場合もあります。

治療の流れ

  1. エナメル質の虫歯

    歯と同じ色合いのコンポジットレジンというプラスチックを詰める治療をします。治療は1回で済みます。
    歯と歯の間におよぶ虫歯の場合は、型を取って部分的に金属を詰める治療をします。2回くらいかかります。

  2. 象牙質の虫歯

    神経を保護する処置をし、型を取って部分的に金属を詰める治療をします。
    型を取ったあと、詰め物が完成するまで時間がかかるので、治療回数は2回くらいです。
    神経にかなり近い虫歯、知覚過敏を併発している方は、神経を取る処置が必要な場合もあります。

  3. 歯髄炎

    虫歯が神経まで達した場合は、まず神経を取る処理をし、土台を立てて全体的に被せる治療をします。
    治療終了までの期間は長くかかる場合があります。
    あまりにも状態が悪い場合は、改善するまでにそれ以上かかることもあります。

  4. 歯髄歯

    神経を過去に取っている歯です。
    歯の中に菌が入っても痛むことはなく、菌が歯の根から外へ出ていくほど悪い状態になってから、痛みが出てきます。
    歯だけの問題ではなく歯の外側も悪くなっているので、治療にはかなりの時間がかかります。
    場合によっては抜歯となることもあります。

レーザーの使用

レーザーの使用

レーザー治療は痛みが少なく、またなるべく歯を削らないよう処置できる方法です。

初期の虫歯であれば、麻酔を必要とせず患部を溶かすことができ、また殺菌力もあるため虫歯予防をすることができます。痛い治療を怖がるお子さまにも有効です。

レーザーにより問題がない歯も溶かしてしまうのではないか?という疑問をお持ちの方がいらっしゃるかもしれませんが、そのようなことはありません。レーザー光は特定の物質にしか反応しないため、健康な歯には影響せず、虫歯菌に侵された患部のみを除去するので、安全に治療を行なうことができます。

詳しくはこちら

歯の根の治療

歯の根の治療

通常の根管治療では、歯の神経を取ったうえで根管を清掃し、再度の感染を防止します。

しかし、神経を取った歯は血管も取り除かれており、それでは歯が残ったといっても長持ちせず、最終的には抜歯をしなければなりません。そのため、歯の神経を抜かない治療が、歯の寿命を守るうえで重要であると考えています。

当院では以上のことを踏まえて治療方針を固め、なるべく神経を抜かない治療を可能としました。生涯にわたって歯を残し、いつまでもご飯を美味しく食べ、楽しくおしゃべりするためにも、残すことをあきらめかけている歯がありましたらぜひご相談ください。

顎関節症

顎関節症

顎関節症とは「顎が痛い」「顎が疲れる」「口を大きく開けられない」「または音がする」などのさまざまな症状を指します。また、肩の痛み、頭痛など、顎そのものの症状ではないものの、顎の関節が原因となる症状もあります。

顎関節症の原因は、噛み合わせやストレスなど、さまざまです。まずは症状から原因を探り、そのうえで、噛み合わせの調節や歯ぎしり防止のスプリント治療、痛み止めの投与などを行ないます。

また、当院では顎関節症にもレーザー治療を採用しています。顎関節にレーザーを照射することで神経を和らげ、関節の痛みを軽減できます。